大手ゼネコンが導入

何社かの大手ゼネコンは、すでにDWG互換CADを活用しています。まずはテストとして、導入し、活用性が見いだされたら本格的に導入という運びになっている企業もあります。実際にテストで導入して問題ないと感じたことで、今後導入となる事も多い様で、実務に使えるかどうか、手ごたえを掴めるかどうかが、導入のカギとなっているのです。DWG互換CADの中にはAuto CADよりも軽快動作をするものもあります。このようなソフトを使いますと、ビジネスの上でも効率よく仕事をこなせると言うわけです。

お金大手ゼネコンの各社が好んで使うのはいずれも、非営利団体が開発したDWGの読み書き用のDWG互換CADです。DWG互換機能を独自に開発するよりも効率的で実用的で高性能ということで、様々な種類のDWG互換CADにも搭載されていますから、DWG互換CADがいかに高性能なのかがわかります。高性能な割にAuto CADよりも安価で数分の一から半額程度というのですから、驚きです。

このように高性能なのに、安価であるDWG互換CADの導入はあらゆるところで検討され、人気が高まっているのです。各企業がコスト削減と高性能なソフト導入の両方が可能になるDWG互換CADを見逃すことはないでしょう。